『リボルバー50』のアルバムのストーリーは、フォアマンによって描かれたグラフィック・ノベルのスタイルの物語で、ハンブルグでの、ザ・ビートルルズとの初めての出会いや、アルバム制作中に、アビイ・ロードを訪れた時に聞いたリボルバーについて、そしてアルバムのカバーデザインへの果てしないインパクトや、彼のアートワークを見せた時のメンバーの究極の反応などを物語っています。

さらに、ポール・マッカートニーによる序文、リンゴ・スターからの紹介の手紙、 『リボルバー』制作とアルバムができるまでの追憶が記載されています。本書は、マンフレッド・マンのマイク・ダボ、ローレンス・ツィーゲン教授、レイベンズボーン デザイン学校の学部長による序章の付属つきです。

「リボルバーの本の下書きを送ってくれてありがとう。素晴らしい数々の事を思い出したよ。リボルバーよりももっと前の事もね。ロンドンのワドン・ハウスでジョージとアパートをシェアしてた時までもさかのぼったよ。」とリンゴ・スターは言う。

原稿

完売